pinkniko blogs

サッカーやアウトドア、おすすめ情報など楽しく書いてます。

上高地への旅行プランご参考までに②

こんばんは、NIKO (@NIKO4pinky)です。

 

 

f:id:pinkniko:20190206174516j:image

 

 

www.pinkyniko.com

 

 


前回の記事は上高地下山後ソフトクリームを食べたところまででしたが、今回はその続きです。

出発の時は写真のように晴れていたのになぁ〜

 


ソフトクリームを食べたまでは良かったのですが、、、

一緒に旅行に来ている者が、歯が折れる事件が発生🦷

歯が折れてはこの旅の最中美味しい物を食べるのも苦になるので、、

急いで診察している歯医者を求めました💨

 


次の目的地は松本城🏯でしたので松本市内へ向かいながら!

ネット📱を駆使して歯医者を検索

夏の連休中という事もあり中々診療している歯医者が見つかりません。。

運転手以外のメンバー総出で検索中、1人が

松本市内にイオンがあるけどその中に歯医者あるんじゃない?」

問い合わせして即予約、無事治療して旅を続けることが出来ました😌

 


治療中、他のメンバーは何をしていたかというと、

ここ!

f:id:pinkniko:20190206174446j:image

草間彌生さんの作品を観に行っていました!

イオンに車を停めて歩ける距離だったんです!

kusama2018.com

 


YAYOIちゃん人形はゲットできずでした。。

 


治療後

みんな揃って松本城🏯へ。

 

f:id:pinkniko:20190206174817j:image

f:id:pinkniko:20190206174824j:image

早朝から行動していた事もあり徐々にメンバーに疲れが見え始めたので、各々休んだり城を間近に観に行く者もありと自由行動をした後、皆で昼食をとりお宿へ向けて出発しました🚘

段々と雲が出てきているのが分かりますね!

 


本日のお宿は、鹿教湯〈かけゆ〉温泉に取りました。(また後ほど)

 


松本城から鹿教湯温泉まで最短距離で向かうとチェックイン可能時間よりもだいぶ早く到着してしまうため、ビーナスラインを通って美ヶ原高原美術館経由で向かうことにしました🚙

これがまた大変。。。

かなりの勾配がありまして🚙も悲鳴をあげてました。

景色を楽しみてくてもどんどん曇ってきてしまって、、ただただ坂道との格闘でした。

f:id:pinkniko:20190206174947j:image

登りきり「道の駅 美ヶ原高原」に到着です。

運転手はほっと一息です。

登って来る際は我々2台の車の前にも後ろにも車がいなかったのですが駐車場には沢山の車が停まっていました。

みんなあの坂道を頑張ったんだ?と思いつつ、雨雲レーダーで雲の流れに恐れつつ、この先の道中を危惧しつつ、美ヶ原高原美術館には寄らずに車に乗り込みました🚘

本日のお宿の地「鹿教湯温泉」までは、また山を下りなければなりません。

エンジンブレーキを駆使しつつ下山です。

そんな中、雨雲レーダーの通り〈ゲリラ豪雨〉に襲われました☔️お宿に着くまで、着いても尚降り続く長い雨でした〜〜。

 

さて、今回のお宿のご紹介です。

鹿教湯温泉 斎藤ホテル さんです。


 

f:id:pinkniko:20190206175116j:image

部屋に着いてほっこりです。

とても綺麗で温泉も良かったです‼️

なんと言ってもお食事には大満足でした。

夕食も朝食もビュッフェ形式なのですが、メニューの豊富なこと豊富なこと食いしん坊の我々の胃袋をしっかりと満たしてくれました!

 

到着後、雨もやんだので斎藤ホテルの周りを散策です。

f:id:pinkniko:20190206175643j:image公衆トイレのマークが鹿のモチーフになっていたり、

f:id:pinkniko:20190206175820j:image

f:id:pinkniko:20190206175838j:image落ち着く感じの漂うこじんまりとした温泉街でした。

 

ホテルの近くに美味しいアップルパイを発見❣️


 

夕食前に散策した際に購入し、夕食後のデザートにと考えてましたが、あまりにま夕食のビュッフェを食べ過ぎたため美味しくいただけるか不安でしたが、いざアップルパイを口に入れたら止まらなくなってしまいました!

 

鹿教湯温泉に行くことがあるのであれば、ご賞味頂きたいアップルパイです🍎

 

お腹もいっぱいになり、温泉にも入り、

早朝の上高地から始まった旅の1日も終わりです。

 

2日目は、軽井沢に寄りアウトレットや旧軽井沢をぶらぶらと歩き、渋滞に巻き込まれながら帰宅した長野の旅でした。